正しい洗い方編

メイクブラシは、出来るだけ毎日洗うことが望ましいですが、それが出来
るのはメイクにかなりの気合を入れている人でしょう。しかし、そうは言
っても定期的にお手入れをすることがお顔への負担を軽減することにつな
がります。
 ブラシの洗い方としてまずは、洗剤ですがブラシ用の洗剤が望ましいで
すがリンスインシャンプーでも代用することが出来ます。普通のシャンプ
ーでは毛先がゴワゴワするので、リンスのような毛を守るような成分が入
っているものが良いです。洗う前の準備としてスポンジなどは使わず、桶
などのある程度深さのあるものにぬるま湯を張り、水を吸い取るためのタ
オルも準備をしておきます。乾かしておくための場所も必要なので、干物
を乾燥させるようなつりさげ式の網を用意すると便利です。ホームセンタ
ーで簡単に手に入ります。洗い方は、洗剤を湯の張った桶に数量入れ、手
でかき混ぜ少し泡立てます。そうして筆を円を描くようにゆっくりまわし
ます。この時、濡れている筆は触らず水の流れに任せ汚れを落としていき
ます。持ち手の部分は持っていない方の手で洗っても構いません。十分に
かき混ぜたらもう汚れは落ちてきますので上下タオルの上にていったん置
きます。タオルが水分を吸ってくれるのであえて圧をかけてふき取る必要
はありません。ある程度水分がきれたら、網の上に筆同士が重ならないよ
うに置いていきます。後は、放置しても構いません。あとは乾くのを待つ
だけです。
 注意するのは、生乾きの状態で使用することはやめた方が良いです。コ
スメにもお肌にもダメージが強くなります。お手入れをすれば、筆も長持
ちしますし、お肌にも経済的にも良いですね。

コメントは受け付けていません。